AppleCareとは、Apple製品に標準搭載されている補償サービスをいいます。

 Apple社が提供している補償サービスは、主にAppleCareとAppleCare+がございます。AppleCareは、ほとんどのApple製品に標準搭載されている補償サービスであり、本体料金以外に別途料金を負担する必要がございません。これに対して、AppleCare+は、AppleCareより手厚い補償サービスを受けたい方向けに、本体料金以外に別途料金を支払うことに受けられる補償サービスになります。

 今回は、最低限の補償サービスであるAppleCareの補償内容について、解説していきたいと思います。

対象商品

 補償対象とすることができる商品は、iPhone、iPad、iMac等、ほとんどのApple製品を補償対象とすることができます。

 iPhoneですと、以下の機種が補償対象となります。

iPhone 13 miniiPhone 12iPhone 11
iPhone 13iPhone 12 ProiPhone XS
iPhone 13 ProiPhone 12 Pro MaxiPhone XS Max
iPhone 13 Pro MaxiPhone 11 ProiPhone XR
iPhone 12 miniiPhone 11 Pro MaxiPhone SE

補償対象

 AppleCare for iPhoneの利用規約をみると、補償対象は以下になります。

3.対象範囲

(i)材質上または製造上の瑕疵が対象機器において生じたこと、または(ii)対象となるiPhoneにおいて電源を維持するバッテリの能力が正式な製品仕様の50%以下しか発揮できなくなったこと

4.範囲対象外

(ii)(a)対象機器以外の製品、(b)事故、乱用、誤使用、液体接触、火事、地震または他の外的原因、(c)製造メーカーが定め、許可し、意図した使用方法以外で対象機器を作動させたこと、または(d)Appleの担当者またはApple正規サービスプロバイダ(以下「AASP」といいます)以外の者が履行したサービス(アップグレードや拡張を含みます)により生じる損害。
(iv)紛失した、または盗まれた対象機器。本サービスは、Appleに完全な状態で返却される対象機器のみを対象とします。

AppleCare Protection Plan for iPhone

 すなわち、補償内容は、基本的には自然故障のみです。利用者の過失や事故による損傷、および盗難・紛失は補償対象外となります。

  利用者の過失や事故による損傷や盗難・紛失についても補償対象としたい場合は、別途AppleCare+への加入手続きが必要となります。

補償内容

  AppleCare for iPhoneの利用規約をみると、補償内容は以下になります。

3.対象範囲

(a)新品の部品または性能および信頼性において新品と同等の再生部品を使用して不具合品の修理を行なうか、または(b)対象機器を交換用製品と交換します。

AppleCare Protection Plan for iPhone

 すなわち、補償内容は、無償修理または製品の交換になります。

 なお、自然故障以外の故障の場合は、有償修理となります。画面修理の場合は、30,080円(消費税込み)、その他の修理については、51,480円(消費税込み)の修理費用がかかります。

補償期間

 補償期間は、製品購入後1年間のみとなります。

 補償期間を2年間に延長したい場合は、別途AppleCare+への加入手続きが必要となります。

費用

  AppleCareは、Apple製品に標準搭載されている補償サービスですので、本体料金以外に補償料等はかかりません

まとめ

 AppleCareは、特別の費用をかけずに補償を受けられるという点は利用者としてうれしいポイントでしょう。

 AppleCare+やスマホ保険では、月額500円から1,000円程の費用がかかりますので、コストメリットは大きいといえるでしょう。

 しかし、補償内容が自然故障のみに限られている点と、補償期間が製品購入後1年間のみに限られている点は、悩ましいポイントです。

 iPhone等の携帯端末は、外出先でも持ち歩くものですので、利用者の過失や事故により故障してしまう確率は、他の端末に比べて高いといえます。最近のiPhoneは、従来に比べて非常に頑丈になり、また防水性能も備わっておりますので、故障しにくくなったといえますが、それでも他の端末より故障する確率が高いことにかわりはないでしょう。そうであれば、最低限利用者の過失や事故による故障も補償対象としておきたいところです。

 また、 iPhoneの耐用年数は、Appleの公式見解では3年となります。実際には、3年以上利用しているユーザーも多くいるのではないでしょうか。そうすると、AppleCareの補償期間が製品購入後1年間のみに限られるているのは心もとないといえるのではないでしょうか。

 このことから、上記の補償内容と補償期間の拡大という点には、別途保険の加入を検討した方が良さそうです。

NEXT記事

AppleCare+

 次にApple社が提供しているスマホ保険であるAppleCare+の補償内容について知りましょう。多くのiPhoneユーザーが加入している保険ですが、費用が高いと思われている方は多いのではないでしょうか。費用に見合う補償内容なのか確認していきましょう。